FC2ブログ
IACFO(食品国際消費者機構)コーデックス速報 国際会議が行なわれる世界各地から、 写真、ビデオ入りで速報をお届するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GM表示非公式会議
5月8日

本会議開催直前の今日、CI(Consumers International)が遺伝子操作食品の表示に関する非公式な会議を行った。インドのスリランカーナ博士が司会をし、マレーシア、タイ、ケニア、アメリカのCIメンバーの消費者団体の代表が、各国の遺伝子操作食品の表示の状況や、コーデックスでの表示規制の必要性などについて述べた。

参加者はおよそ60名ほどで、日本政府も含む、たくさんの政府代表も参加していた。遺伝子操作の表示は今回の表示部会の最も重要な議題。10年以上も、遅々としてすすんでいない議題でもある。今日のCIの非公式会議は、消費者がいかに表示を必要としているかを政府代表団に伝えられた重要な機会といえるだろう。

コーデックスに参加している消費者団体は、このCIと、私達IACFO(食品国際消費者機構)の2つのみ。CIとIACFOは、会議では互いにサポートしあったりしながら、意見を述べてきた。今回も、遺伝子操作食品の表示の必要性について、協力しながら、意見を述べていくことになるだろう。


CI_3

GMバナナに仮装する人
「コーデックスで遺伝子操作食品の表示を」と求めるポスター

CI_1

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。